記事

​▶

【カブ隊】ハザードマップで危険予測!

毎年1月に防災活動を行うカブ隊ですが、今年は12月を防災月間にしました。


本日の組集会では長岡京市のハザードマップを使って、それぞれのお家や近所の災害時の状況について学びました。


避難場所やその種類についても知ることができました。


カブスカウトのチャレンジ章「災害救助員」にも、万一災害が起きた時に、家族でどこに集合するかなどを話し合う項目があります。


いつ起きるかわからない災害。

起きる時に、親や大人が周りにいるとも限りません。


「そなえよつねに」でしっかり対策を取っておきたいですね。