記事

​▶

【ビーバー隊】たぬきからのしょうたいじょう

今回の活動は我が隊マスコットの「びびばくん」に友達から招待状が届いてのスタートです。


ビーバーを漢字で書くと【海狸】なのですが、招待状をくれたお友達は「たのすけ」というポンポン山に住む山の【狸】でした。


びびばくんと一緒にポンポン山へ招待されたスカウト達。


この日はスカウトのみの活動なので、いつも一緒のお父さん・お母さんとはしばしお別れして指導者達と山へ向かいます。


今回の参加スカウトは9名。2チームに分かれて、最初の暗号クイズを解いたチームから一路ポンポン山を目指します。


コース前半は急な上りメインの道で、大人でも息切れするレベル。


しかしスカウト達はというと「え~、こんなところ行くの?」「疲れた~」「足痛い~」の弱音のオンパレードとは裏腹に着実に上っていきます。


階段の段数を数えたり、栗を拾ったり、狸に化けたり、殿さまに化けたり…と各々で楽しみを見つけていきます。


隊列ではあちらこちらでお喋りに花が咲いていました。特にスカウトがよくお話してくれました。


暗号クイズやお助けカード、おやつキムスゲームを途中に織り交ぜながら順調に進みます。


大展望台まで登ってくると、そこには長岡京市~京都市内を一望できる大パノラマが広がっていました。


ここでしばしの昼食休憩。絶景と空腹が最高のスパイスとなり、みんなで頬張るおにぎりは格別です。


食事を終えるとなんとそこに「たのすけ」が登場。

たのすけの薦めで目的地を聖なる「大杉」に変更し一緒に行くことに。


ここからは下りメインの道になります。道幅も広くなり、みんな自由に横並びになったりしながらお喋りが止まりません。


特に「おやつキムスゲーム」が大人気でした。


昼食前におやつの山を見せて種類を記憶しておいてもらったものを、下山時にタイミングを見計らって言い当ててもらい、当たったおやつが貰えるというゲームです。


「おやつはまーだかな♪まーだかな♪」とおやつコールの大合唱!


そうこうしているうちに聖なる大杉「大沢のスギ」に到着!樹齢800年の大杉は周りの木とは明らかに違うオーラを放っています。


スカウト達もしばし見入っていました。


大杉のオーラを堪能した後、「たのすけ」とお別れし、ゴール地点を目指します。


すっかり歩くことに慣れたスカウト達は頼もしく、もう弱音は全く吐きません。

スカウト同士、スカウトと指導者間の絆がすっかり深まったところでゴールに到着!!


5時間強の行程でしたが、みんな本当によく頑張りました。

最後にたのすけからのお土産(イニシャル入り変身葉っぱ)を貰って今回の活動は終了です。


両親が一緒だと甘えたいところもいっぱいあったかもしれませんが、今回の活動が自信になり、スカウト達の体も心も少しでも成長してくれたらなと思います。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ボーイスカウト長岡4団では、

一見アクティビティやゲームをたのしんでいるだけのように見えますが、実はきちんと活動の【ねらい】を定めており、遊びを通して学んでいけるよう計画を練っています。 

是非一度活動に参加して頂き、この活動のたのしさを体験してみませんか?


体験入隊はいつでも募集しております。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー