記事

​▶

【ビーバー隊】びびばくんからのちょうせんじょう

3月に入り、いよいよ春の香りがしてきました。春を感じたい!そこで、「街中ハイク」です。「自分の足で地域を歩くことで、感受性や体力を育む」ことをねらいとしてプログラムを作りました。


プログラムは我が隊お馴染みの【びびばくん】から挑戦状が届くところから始まりました。


季節も良くなり、長岡京の街を探検してきたというびびばくん。色々なポイントで写真を撮ったから、同じ場所を見つけて同じ写真を撮ってみて欲しいという内容でした。


2チームに分かれて出発です。長岡天神の大鳥居、塚本古墳のミニチュア版、D51の車輪、たけのこの道標、真実の口等々ポイントは全部で11か所。


スカウト達にはリーダーからヒントは出すものの、基本的にはびびばくんから送られてきた写真をもとに自力でポイントの場所やルートを考えてもらいました。


全部見つけられるかな?


というリーダー陣の心配もなんのその、普段のスカウト達の観察力や記憶力はさすがでした。1チーム5人スカウトが集まれば、写真を見ただけで誰かひとりはポイントの場所にピンと来て猛ダッシュです。


体力的にも昨年の山ハイクを乗り越えてきたスカウト達にとっては、平坦路3キロはへっちゃらです。最後まで勢いは落ちませんでした。


みんな各ポイントでは思い思いのポーズで写真をパシャリ!


途中で2チームが合流したところでは、I副長主導のクイズ大会も実施しました。長岡京市にまつわるクイズを5問、みんなで楽しく考え学びました。




2時間という短時間でしたが、めいっぱい街中ハイクが楽しめました。自動車や自転車での移動とは違い、歩くことで気づけることが街中にはいっぱいあります。そういう我が町の新たな発見の楽しさに気づいてくれたら嬉しいです。


最後には恒例の参加賞授与。今回は走破ルートを示したキーホルダーです。これを機に少しでも地図に興味を持ってくれたらうれしいな。




なお、今回の活動はスカウトのみの活動で、保護者の方々から離れての活動でした。我が隊は年に何回かはスカウトのみの活動を行います。毎度のことですが、保護者のいない環境でたくましく活動するスカウト達に感動しきりです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ボーイスカウト長岡4団では、一見アクティビティやゲームをたのしんでいるだけのように見えますが、実はきちんと活動の【ねらい】を定めており、遊びを通して学んでいけるよう計画を練っています。 


是非一度活動に参加して頂き、この活動のたのしさを体験してみませんか?


体験入隊はいつでも募集しております。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー