記事

​▶

【カブ隊】忍者修行

秋晴れの組集会。


そこへ、スカウトたちのもとに、1つの小さな巻き物が届きました。


中身は、忍者村からの修行の書。


「長い布を腰から下げ、地面につかぬよう全力で走ってみよ」

よし、リレーだ!


そして、なんぱ歩きや抜き足・差足の体験。


枯れ草のうえでも、忍者はこうして音を立てず歩いたんですね。


「ものさしを使わず、頭と目を使ってものの長さ・高さを測ってみよ」

ということで、国旗ポールの長さを測ってみました。

誤差なんと、3%以内!!!

わずか小2〜3のスカウト達が、驚異的な目測力を発揮しました!



「汝らが住みし村(町)を調べよ」

H副長補の手ほどきで、京都や乙訓の歴史を調べてみました。


忍者なので、手裏剣作りもしました。


巻き物は最後は、こうしめくくられています。

「霜月二十九日の午前八時五○分に近くにある「山」のつく駅へ参れ」


はて…。


「大山崎駅じゃない!?」

「あ〜、なるほど」


「あれ??でも西山天王山駅もあるよ!」

「近くって書いてあるから、ここから一番近いのはどっちやろ?」


「西山天王山は、長岡天神の次やで」

「じゃあ、それで行ってみる?」


スカウト同士、意見交換を重ねて最終的には西山天王山駅集合と決めました。

さあ、11月29日は果たして正しい場所で、さらなる活動が始まるのでしょうか…!?