記事

​▶

【ボーイ隊】初めてのバックベアリング

真冬の1泊キャンプに向けて楽しいプログラムをたくさん考えていましたが

京都もまん延防止の適用見込みに・・

大急ぎで計画を組み直し、隊集会を実施しました。


今回のメインは、野帳とバックベアリングの実践


スタート地点で、アンノウンスカウト(Unknown Scout)からの手紙が渡されました。

手紙に書かれているA、B、C、Dを順にクリアしてほしい とのこと。



A『今いる公園から、ポイント①までの野帳をつけよ』


ポイント①の阪急長岡天神駅西口で待機していると

スカウトの姿が見えた!

とおもったら

もと来た道を引き返して行く・・?


あとで聞いたら、野帳につけるため歩数をきちんと数えたかったそう。

妥協しないのは素晴らしい!

(待ってた副長は寒かった!)



そこからは次の挑戦 B『地図をみながらルートどおりに②の地図記号まで進め』

  

地図の向きが正しくなかったのか、指定のルートと真逆の方向へ歩き始めたスカウトたち・・

30分ほどの道のりを まさに紆余曲折、1時間かけて

ポイント②の勝竜寺城公園に到着!

諦めずによくがんばりました!!

(待ってたK副長補、やっぱり寒かった!)


そして、いよいよC『同封の野帳をみて、コンパスを使ってバックベアリングで進め』




途中、一度だけ道を間違えたものの

進路の左右にある事物を手がかりに正しい道に戻り

初めてにしてはスムーズに、大山崎のダイハツ裏 淀川河川公園の入口に到着


ゴールはもう間近、

もうすぐ雨も降ってきそうな空模様だというのに

ええ感じの石を見つけて

最後の直線で石蹴りを始めるマイペースなSくん(笑)


歩数の正確性にこだわりを見せていたEくんは、

野帳に書いてある「たくさん」が気に入らないご様子

方位角は同じなのだから、ひたすら真っ直ぐ進んで行けばよいだけなのですが

「たくさんはあかんって、ちゃんと歩数かぞえて書かんと」 (笑)


トータル約5㌔

隊長とN副長が諸手を挙げて迎えてくれました!!


座り込むスカウトにアンノウンスカウトから最後の挑戦

D『隠れているアンノウンスカウトを6人探し出せ』

全員を探し出せたら、ささやかなプレゼントが用意されているらしい。



プレゼントは、

ブルーシート2枚でできる簡易テント―♪



ちょうど雨も降ってきましたが

雨風をしのげるテントの中で昼食タイム

班会議をしてこの日は終了


バックベアリングを完遂して

また一歩 2級スカウト章に近づきました。